オメガ3は動脈硬化と心筋梗塞の予防以外にも嬉しい効果が沢山

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)で有名な不飽和脂肪酸が、オメガ3系脂肪酸です。
オメガ3系脂肪酸は、動脈硬化と心筋梗塞の予防に効果が期待できると言われて注目されています。

これ以外に、オメガ3にどのような効果が期待できるかですが、アレルギーやがんの予防効果があげられます。
アレルギーやがんの原因のひとつと言われている脂肪酸が、アラキドン酸です。肉などの動物性脂肪に多く含まれている脂で、これも神経や免疫系を働かせるのに必要なものなのですが、過剰摂取するとアレルギーやがんを引き起こす炎症の原因になります。

現代人の食生活が欧米化したことで、魚中心の食生活から肉中心の食生活にシフトしたため、アラキドン酸の摂取量が増えているのが問題です。これが原因で昔よりもアレルギーが増えたとも考えられています。

オメガ3には、このアラキドン酸の合成を抑制する効果があります。過剰な合成を抑制して、原因となる炎症物質が生じるのを防いでくれます。その結果、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の緩和につながるというわけです。

また、がんに対しては原因物質のアラキドン酸の合成抑制の他に、がん細胞の増殖スピードを遅くしたり、アポトーシス(細胞の自殺)を促してくれる働きがあります。これにより、がんの転移を食い止める効果が期待できるということがわかっています。
がんはアポトーシスが正常に行われない異常細胞が増殖し続ける病気ですから、オメガ3でこれを食い止めることができるならば、かなり嬉しいことです。

他にも、オメガ3は脳の機能を活性化してくれる働きもあります。動脈硬化を防ぐことができれば脳に新鮮な酸素と栄養素が行き渡りやすくなりますし、それだけではなく、DHAは血液脳関門という脳の関所を通過して、神経伝達物質の受け渡しをスムーズにしてくれる効果があると言われています。
情報伝達がスムーズになると、記憶や学習機能を司る海馬の働きが活発になり、頭が良い子が育つということです。

また、加齢によって脳が萎縮すると認知症の原因になりますが、DHAには傷ついた脳細胞を修復し、残っている神経細胞を活性化する働きがあるため、いつまでも若々しい脳機能が保たれるという効果があります。

動脈硬化や心筋梗塞予防だけではなく、オメガ3系脂肪酸には、アレルギーやがんの予防、脳機能の活性化、認知症予防などの嬉しい効果が期待できます。