オメガ3は動脈硬化、心筋梗塞の不安を取り除いてくれる

動脈硬化や心筋梗塞といった病気に、自分がなってしまうのではという不安を感じている方も、多いのではないでしょうか。
動脈硬化とは文字通り、動脈の血管が硬くなってしまう病気です。
血管のしなやかさが失われてしまうと、収縮性も失われてしまい高血圧になりやすくなります。
この状態が長く続くと血管の内側に負荷がかかり、脳出血など血管が破けてしまう病気を引き起こすケースがあるのです。

血中のコレステロールや中性脂肪値が上がり、血栓ができてしまいます。
この血栓が心臓の血管を詰まらせてしまうと、心筋梗塞になってしまうのです。
どちらの病気も進行すると命を失う危険性もある、とても怖い病気ですので早めに対策する事が大切です。

色々な対策法がある中で、近年話題となっているのがオメガ3という必須脂肪酸です。
オメガ3は青魚やエゴマ油、ナッツ類に多く含まれている不飽和脂肪酸の1種で、体内で作りだす事が出来ない栄養素でもあります。
オメガ3を意識して補う事によって、血中の悪玉コレステロール値が減少する為、動脈硬化を予防する効果が期待出来ます。

悪玉コレステロールが増加すると血液の流れがドロドロになり、酸化が進んでしまう事から動脈硬化が起こりやすくなります。
血中には悪玉コレステロールの他に、善玉コレステロールというコレステロールもあるのですが、善玉は悪玉を回収し血管の健康を守る働きをするのが特徴です。
オメガ3は善玉コレステロールの働きを良くする作用があるので、より悪玉コレステロールを減らす効果に優れているのです。
悪玉コレステロールが減ると血液がサラサラになり、血液の流れもスムーズになります。
血圧を下げる作用もあるので、動脈硬化による血管の破裂といった症状を予防する効果もあると考えられています。

また、オメガ3は悪玉コレステロールだけでなく、中性脂肪を減らす効果も持つ栄養素です。

悪玉コレステロールと中性脂肪が血中に多い状態だと、血液の流れが悪くなり血栓が出来やすくなります。
この状態が長く続くと血栓で血管が詰まり、心筋梗塞を招くリスクが高くなるのです。

オメガ3を摂る事で血栓が出来にくくなる事から、心筋梗塞の予防にも効果を発揮します。

このように、オメガ3という栄養素は血管の健康や若さをキープしてくれる、とても大切な働きをしています。
食事から補うのはもちろん、サプリメントなどの健康食品などを活用して、毎日補う事で動脈硬化や心筋梗塞といった、病気の不安を取り除いてくれるでしょう。